bbin宝盈,bbin宝盈app

图片

I love going overseas even more than I did before. Now I’m a certified travel service supervisor!

カナダとニュージーランドで海外英語研修に参加し、帰国後に旅行業務取扱管理者の資格を取得した五島里奈さん。日本を飛び出したことで、海外での生活が自分にとってぐっと身近なものになったと話してくれました。

高校生の頃の国際交流経験を経て、海外英語研修に挑戦

高校生の頃に台湾とアメリカへ行った経験があります。台湾では現地の高校生と交流する機会がありました。高校で中国語を少し習っていたのですが、いざ話そうとすると思った以上に言葉が出てこなくて。それでも現地の高校生と話すのはすごく楽しくて、語学ができればもっと交流できたのにという思いが残りました。

アメリカへ行ったのはダンス部の部活で世界大会に出場するため。台湾に続いて海外に行く機会に恵まれたことで、海外で暮らすことに興味が湧き、大学生になったら留学したいと思うようになりました。

大学に入って留学制度を調べてみたら、長期休暇を利用して気軽に海外英語研修に参加できることが分かって、2年生の夏にカナダのビクトリア大学へ行きました。ビクトリア大学の授業は英会話などコミュニケーションが中心。楽しみながら英語力をつけることができました。授業後は毎日のようにアクティビティがあって、ダウンタウンに行ったり、美術館に行ったり、バーベキューをしたり…。「海外で暮らしてみたい」という高校生の頃の思いを実現させることができて、毎日が充実していました。

クラスメイトは多国籍!授業もプライベートもオールイングリッシュ

カナダでの海外英語研修がとても充実していたので、また長期休暇を利用してどこかに行きたいと思いました。カナダの寮生活の際にもっと国際交流がしたいと思ったので、今度はホームステイができる留学先にしようと思い、春季休暇にニュージーランドのオークランド工科大学に行くことにしました。

カナダの時はクラスメイトに日本人が多かったのですが、ニュージーランドでは中国人や韓国人、タイ人、サウジアラビア人などいろんな国から来た留学生がいて、授業以外でも常に英語を使わないといけない状況。ペアやグループでディスカッションする授業形式が多かったので英語漬けの毎日でした。

私は韓国人と中国人、タイ人の留学生たちと仲良くなって、毎日一緒にお昼を食べたり授業後の時間を過ごしました。週末にも会って、一緒にビーチへ行ったり買い物をしたりして、他国の友だちがたくさんできました。その分、別れが辛くて…。来たばかりの頃1ヶ月は長いと感じていたのですが、帰るときには日にちが足りないと思うくらい、濃くて充実した生活でした。

勇気を出して初めてのホームステイ。現地の暮らしに溶け込んだ1ヶ月

ホームステイをする場合、渡航前にホストファミリーの家族構成や趣味などを書いたペーパーをもらえるんですが、それだけでは人柄は分からないので、会うまでは不安でした。でも家に到着したときに、ホストファーザーが迎えに出てきて荷物を運んでくれて、とても優しそうだったので安心したのを覚えています。

ファミリーには5歳のやんちゃな男の子と、もう一人コロンビア人の留学生がいて、夕食は毎日全員で食べました。時間があるときはホストマザーが料理を作るのを手伝うなどして、積極的にコミュニケーションをとるようにしました。

ニュージーランドに渡ってすぐに、学校が建国記念日で休みになる日があったのですが、「明日休みならキャンプに行こう」と、ホストファミリーが連れ出してくれました。海のすぐそばのキャンプ場に行って、テントを張って寝たのですが、本格的なキャンプは初めてだったし景色も最高で、ホストファミリーとの絆が深まりました。ホームステイをしたことで英語でのコミュニケーションの場が増えて、留学がより有意義なものになりました。

海外がぐっと身近になり、旅行関係の仕事も視野に

私は人見知りな性格ですが、留学先では自然と自分からクラスメイトを食事に誘ったり、話しかけたりしていました。帰ってきてからも、日本で困っている外国人を見かけて声をかけたりするようになって、自分でも成長できたなと驚いています。

元々海外に興味はあったのですが、海外英語研修に参加してその思いはますます強くなりました。帰国後に学校の講座パンフレットで旅行業務取扱管理者という国家資格があることを知って、さっそく国内旅行業務取扱管理者の資格を取得しました。

旅行業務取扱管理者には2種類あって、私がパスしたのは国内旅行業務取扱管理者の試験。また秋に試験があるので、今度は海外旅行も取り扱うことができる総合旅行業務取扱管理者に挑戦するつもりです。まだ卒業後の進路は明確に決まっていないのですが、海外を身近に感じられるようになったので、旅行関係や、海外で働くことも視野に入れて、将来を考えてみたいと思っています。

留学生活

  • アクティビティで行った、ビクトリアの有名な観光地「クレイダーロック城」。仲良しのTA(ティーチングアシスタント)さんと

  • 広大な敷地に美しい庭園が広がるブッチャート?ガーデン。ビクトリアでオススメの観光スポットです?

  • ビクトリア大学の修了パーティーで、お世話になった先生と一緒に写真を撮りました

  • オークランドのワンツーヒルという丘に登っているときに羊の群れに遭遇。ニュージーランドらしい景色でした

  • オークランド工科大学で仲良くなったメンバーと中国料理を食べに行きました。初めて見る謎の料理にも遭遇(笑)

  • 週末にオークランドにあるミッションベイというビーチへ。ダウンタウンからバスで15分くらいでした

MESSAGE

大学生の夏休み、春休みは貴重な時間。アルバイトをして終わってしまったらもったいない!
海外英語研修に参加すれば、とても充実した濃い時間が過ごせますよ。

留学DATA

プログラム 海外英語研修
渡航期間 2017年8月8日?8月27日(2年次夏期)
研修先 カナダ ビクトリア大学
研修都市紹介 【ビクトリア】
ビクトリアはブリティッシュ コロンビア州の首都で、バンクーバー島の中でも岩がちな南端部に位置します。公園が多く、アウトドア レジャーで有名です。市内には、威厳に満ちたクレイグダロック城などのビクトリア様式の建物があり、イギリス領時代の面影が残っています。また市内には、幾何学模様で構成され、整然とした庭園がたくさんあり、中でもブッチャート ガーデンには、55 エーカーもの色鮮やかな花壇に、彫像や水路、メリーゴーラウンドが設置されています。
大学情報 【ビクトリア大学】
ヴィクトリア大学は、カナダ、ブリティッシュ?コロンビア州の州都ビクトリアにある総合大学である。学生数約19,000人。 バンクーバー島の南端、人口約33万人の海に囲まれた都市ビクトリアに位置し、年間を通じた温暖な気候と公園のような美しいキャンパスで有名。
研修費用 研修(20日間)504,800円
利用補助制度 海外英語研修派遣支援A奨学生
給付額 20万円 または研修費用総額の2分の1
選考方法 TOEICスコアと面接?志望動機により総合的に判定します
特徴 ?満足度の高い研修先を厳選!
?渡航前、渡航後にTOEIC IPを受験
?現地デスク?営業所によるサポート(日本人スタッフ)
?毎年180名に最高20万円!充実した奨学金制度
?初めての海外渡航でも安心できるオリエンテーション
?研修参加後の単位認定有
?参加にあたって語学力は原則不問
?全員、大学が契約する海外旅行保険に加入
プログラム 海外英語研修
渡航期間 2018年2月3日?3月3日(3年次春期)
研修先 ニュージーランド オークランド工科大学
研修都市紹介 【オークランド】
オークランドはニュージーランド北島北部にあり、2つの大きな港を中心とした主要都市です。中心部のクイーンストリートにそびえる象徴的なスカイタワーからは、多くの高級ヨットが浮かびバーやカフェが並ぶヴァイアダクトハーバーの景色を一望できます。死火山の噴火口にあるオークランドドメインは市内最古の公園で、敷地内にはウィンター ガーデンがあります。
大学情報 【オークランド工科大学】
1895年にオークランド工業技術校として開校。オークランド市内を中心に2つのキャンパスと1つの研究施設、市外に1つのキャンパスを持つ。学生数は25,000人を超える。
研修費用 研修(29日間)529,000円
利用補助制度 海外英語研修派遣支援B奨学生
給付額 5万円(対象者全員)
選考方法 TOEICスコアと面接?志望動機により総合的に判定します
特徴 ?満足度の高い研修先を厳選!
?渡航前、渡航後にTOEIC IPを受験
?現地デスク?営業所によるサポート(日本人スタッフ)
?毎年180名に最高20万円!充実した奨学金制度
?初めての海外渡航でも安心できるオリエンテーション
?研修参加後の単位認定有
?参加にあたって語学力は原則不問
?全員、大学が契約する海外旅行保険に加入
?名城生専用クラスではなく、原則、混合クラスで実施
?※プログラムの一部の授業が名城生専用クラスとなることがあります。